設備管理

HOME > 営業案内 > 総合ビルメンテナンス > 設備管理

設備管理業務-facilities mamagement-

建物や設備の寿命を延ばし、
施設管理のコスト低減に貢献

  • 電気通信設備の運転、管理
  • 空気調和設備の運転、管理
  • 設備の保守点検、更新
  • 省エネ機器への更新
  • エネルギー運用監視
  • 消防用設備の監視、点検
  • 昇降設備の運転、管理
  • その他、各種調査、提案業務

 建築基準法第12条の規定に基づいて、特定行政庁が指定する一定の用途・規模以上の検査対象建築物に設けられた建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給水設備及び排水設備)に関して、その所有者又は管理者は毎年定期に検査資格者による検査を実施して、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。
 この定期報告制度は、多くの人が利用する建築物(劇場、ホテル、百貨店、病院、学校、飲食店、共同住宅、事務所等)に設けられた安全、衛生、防災、避難上の重要な建築設備を適正に維持管理することにより、建築物の事故や災害等を未然に防止しようとするものです。
 その他、電気工作物は電気事業法。消防設備は消防法により定期検査と報告が義務付けられています。

設備の管理

建物の中には表の機器名のように数多くの設備があります。
設備のメンテナンスをしない場合とメンテナンスをした場合、機器の寿命が約2倍になることが分かります。

設備の保全と耐用年数の相関図

トップへ